糖尿病の症状にはいろいろあります。糖尿病に早く気付く為にも、代表的な症状を知っておくことはとても大切なことです。
よく言われる症状が、喉の渇きや疲れやすさでしょう。糖尿病患者の体内では、インスリンの不足によって血糖値が慢性的に上がっている状態で、口の渇きや多飲、多尿を覚える方が多いとされます。運動後や気温の高い場所にいるといった理由もないのにやたらと飲み物が欲しくなる場合は、糖尿病の症状が現れているかもしれません。
糖尿病には体のだるさや疲れやすさもよく聞かれる症状で、体力を付ける為に食事の量を増やすと、糖尿病への危険を増やしてしまう可能性もありますから、早めに病院で検査を受けた方が安心です。
また、食欲が増してしまうケースもあります。糖尿病では、インスリン不足から脳に対して「満腹していない」という信号が出ることによって食欲が高まる事があるのです。
それから、糖尿病患者にはとても痩せた方もいますが、これはエネルギー源のブドウ糖が尿として排泄されるので、体内では脂肪のエネルギー源に依存する事になり、気が付くといつの間にか体重が減っていき、検査を受けると既に重度の糖尿病になっていたと言う話は時折聞かれるでしょう。
糖尿病かもしれないと感じたら血液検査を受けて早期発見に努めると、糖尿病予防にも役立ちます。

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録